C.M.LAB
中央大学理工学部都市環境学科計算力学研究室
MENU
ホーム 研究室メンバー 研究内容 教育活動 アクセス リンク 学生の方はこちら VRミニ博物館 PHOTO GALLERY


ikeda

池田 直旺(いけだ なお)


出身地 千葉県浦安市

生年月日 1995年3月7日


研究テーマ SLAM技術に基づく空間情報を用いたAR可視化システムの構築とその適用性の検討

研究概要 
近年,AR(Augmented Reality)技術は,建設分野においても普及し様々な分野・用途で適用が試みられている.そこで,三次元空間の認識と自己位置の推定を同時に行うことが可能なSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術に着目し,その技術を搭載したスマートデバイスを用いたAR可視化システムの構築を行う.三次元的な特徴点マッチングが可能なSLAM技術を用いる事で,自由な視点でのAR可視化が可能となる.

計算力学研究室 〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27 2号館3階2307・2315号室 . 03-3817-1815
Copyright (C) Computational Mechanics Laboratory 2008 All Rights Reserved.